あうおか!

毎日のおかずを考えるお手伝い♪おかずを色々紹介しますよ^^

主菜に合うおかず

麻婆豆腐に合うおかず!副菜で野菜も摂ろう!献立の組み合わせも紹介!

投稿日:2019年1月28日 更新日:

柔らかいお豆腐とピリッとした辛みがバランスの良い麻婆豆腐はお子様にも人気の一品ですね。

中華料理の麻婆豆腐は、家庭で食べる時に献立に迷いがちな一品でもあります。

豆腐とひき肉を使用して作られる麻婆豆腐はできれば他のおかずや副菜で野菜を摂りたいですね。

今回は麻婆豆腐に合うおかずや野菜も一緒に食べられる副菜や献立もたくさんご紹介していきます!

スポンサーリンク

麻婆豆腐に合うおかずはコレ!

まずは、ボリュームもあるおすすめの麻婆豆腐に合うおかずからご紹介しますね!

1.餃子

麻婆豆腐の相方として定番の餃子。

中華料理の人気コンビですね。

ご飯がよくすすむ組み合わせになります。

2.チンゲン菜とイカの炒め物

中華だしを中心にあっさりと味付けをする炒め物は、麻婆豆腐と良く合います。

シャキシャキのチンゲン菜が麻婆豆腐とバランスよく召し上がれますよ。

3.蒸し鶏と水菜のサラダ

ひき肉を使用している麻婆豆腐ですが、もう少しお肉を食べたい方におすすめのサラダです。

お肉でボリュームたっぷりですが、歯ごたえの良い水菜でさっぱりと食べられます。

味のしっかりしている麻婆豆腐との食べ合わせも良いですよ。

4.トマトと卵の炒め物

中華料理の定番の一品ともいえるおかずです。

みずみずしいトマトがあっさりと食べられますよ。

麻婆豆腐は色合いがシンプルですが、トマトの赤と卵の黄色で彩よく、食卓が明るくなります。

5.茄子の揚げびたし

和食の揚げびたしですが、茄子と麻婆は相性が良いので食べ合わせが良くなります。

献立に和食がプラスされると馴染みが強くなり、家庭的な組み合わせになりますね。

6.ヤングコーンとインゲン豆の中華炒め

野菜ですがしっかりと食べ応えがあり、ご飯もすすむ一品です。

◆簡単レシピ
1.鶏がらスープの顆粒・オイスターソース・醤油・砂糖を同量で合わせ調味液を作る。
2.ごま油でヤングコーンとインゲン豆を炒め、火が通ってから調味液を加える。
3.水溶き片栗粉でとろみを付け完成!

ヤングコーンのとインゲンのポリポリ食感で、麻婆豆腐との相性が良いですよ。

7.エビマヨ

お子様人気も高いエビマヨ。

ピリ辛の麻婆豆腐とマイルドなエビマヨでバランスの良い組み合わせになります。

野菜不足が心配な方はチンゲン菜やほうれん草を一緒に合えても美味しいですよ。

栄養バランスが良くなり、彩も綺麗になります。

8.きくらげと卵の炒め物

きくらげの食感が美味しい一品です。

◆簡単レシピ
1.半熟のスクランブルエッグを作る。
2.水に戻したきくらげとほうれん草をごま油で炒める。
3.醤油と塩コショウで味付け。
4.作っておいたスクランブルエッグを合わせ炒め出来上がり!

醤油と塩コショウのシンプルな味付けなので、麻婆豆腐ともよく合います。

9.唐揚げ

折角の中華料理なのだから存分にこってりと味わいたい。

そんな方には唐揚げがおすすめです。

ご飯がもりもりとすすみ、食べ盛りのお子様や男性もとても喜ぶ組み合わせです。

麻婆豆腐の副菜で野菜が摂れるメニュー!

野菜が入らない麻婆豆腐には、副菜で野菜を摂れるようにしましょう!

麻婆豆腐に合わせる野菜の副菜もご紹介しますね。

1.ブロッコリーのピーナッツ和え

ビタミンCが豊富なブロッコリーは、そのほかの栄養素もたくさん入っていて優秀なお野菜なので、メインに野菜がない場合にピッタリなお野菜です!

◆簡単レシピ
1.粉末のピーナッツ・醤油・砂糖を合わせる。
2.茹でたブロッコリーと合わせておいた調味料を混ぜ合わせて完成。

ピーナッツは粉末ではなくでも、すり鉢ですりおろして使用することが出来ます。

荒くするとピーナッツの食感が残り香ばしですが、ブロッコリーと絡まりにくくなるのでお好みで調節して下さいね。

2.トマトと胡瓜の中華風サラダ

ごま油の豊かな香りとオイスターソースのコクが美味しいサラダです。

◆簡単レシピ
1.砂糖1・酢2・オイスターソース1/2・ごま油1の割合で中華ドレッシングを作る。
2.切ったトマトと胡瓜をドレッシングに混ぜ合わせる。

手作り中華風ドレッシングを和えるだけなので、とっても簡単ですね。

3.セロリの炒め物

セロリをごま油で炒め、中華だしと塩で味付けをする簡単でシンプルな一品です。

セロリのさわやかな香りが麻婆豆腐と相性が良いですよ。

4.レタスと胡瓜の海苔和え

こちらも簡単!

レタスと胡瓜を海苔と和え、醤油とごま油を混ぜ合わせるだけでOKです。

シャキシャキの野菜をさっぱりといただける一品です。

食卓が少し物足りない時にパパっと簡単に作れる簡単メニューです。

時間がない時にもおすすめですよ。

5.トマトとしらすのポン酢和え

こちらもトマト・しらすをポン酢で和え、少量のごま油を加えれば出来上がり!

さっぱりとしていますが、しらすの塩気とポン酢でしっかりとした味になっています。

ごま油の風味もしますので、麻婆豆腐との食べ合わせも良いですよ。

6.レンコンのマスタードマヨネーズ和え

レンコンのシャキシャキがおいしい一品です。

作り方も簡単。

あく抜きして薄切りにしたレンコンを茹で、マスタードとマヨネーズで和えるだけ。

マヨネーズのマイルドな味がピリ辛の麻婆豆腐とバランスよく食べられます。

マスタードも使用しているので酸味もあり、あっさりと召し上がれますよ。

スポンサーリンク

献立で麻婆豆腐との組み合わせ紹介!

麻婆豆腐の献立1
・麻婆豆腐
・きくらげと卵の炒め物
・トマトとしらすのポン酢和え
・わかめスープ
・ご飯

彩が豊富で綺麗な献立です。

野菜もしっかり食べられ、バランスの良い献立になります。

麻婆豆腐の献立2
・麻婆豆腐
・セロリの炒め物
・春雨サラダ
・卵スープ
・ご飯

麻婆豆腐をあっさりといただける献立になります。

春雨サラダはどの中華料理とも相性が良いので、献立のバランスを良くしてくれます。

麻婆豆腐の献立3
・麻婆豆腐
・エビマヨ
・ブロッコリーのカニカマ和え
・中華風コーンスープ
・卵チャーハン

マイルドなおかずを組み合わせ、お子様にも喜んでいただける組み合わせになっています。

特別な日のちょっと豪華な夕食にもピッタリですね。

麻婆豆腐の献立4
・麻婆豆腐
・焼きナス
・大根の塩昆布和え
・もやしと人参の味噌汁
・ご飯

麻婆豆腐と和食を合わせた献立です。

大根の塩昆布和えは、切った大根と塩昆布を和えるだけの簡単な一品です。

麻婆豆腐と合わせる時は、少量のごま油を垂らすと食べ合わせが良くなります。

麻婆豆腐の献立5
・麻婆豆腐
・鶏の南蛮漬け
・レタスと胡瓜の海苔和え
・トマトの中華スープ

鶏の南蛮漬けは、パプリカや人参などお好みの野菜と衣をつけて揚げた鶏肉を南蛮酢で漬けます。

お肉でボリュームがありますが、南蛮漬けでも野菜を豊富に食べられ、栄養価の高い献立になります。

お腹いっぱい満足に食べられますが、お酢を使用いている南蛮漬けでさっぱりと召し上がれますよ。

まとめ

今回は麻婆豆腐に合うおかずと副菜を紹介しました。

野菜を多く食べられる献立も一緒に紹介しています。

麻婆豆腐と一緒に沢山の野菜を食べ、健康的に味わってみてはいかがでしょうか。

◆一緒にこちらの記事も読まれています。
【麻婆豆腐のアレンジ!残り物を簡単においしく食べる方法!】

スポンサーリンク

-主菜に合うおかず
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シュウマイに合うおかずがもう一品欲しい!献立で野菜も取れるのは?

買い物へ行った先で美味しそうな、シュウマイが売っていたら買っちゃいますよね! ジューシーで美味しいシュウマイ、これだけでももちろん美味しいんですが、お肉だけではなく野菜もしっかり食べたいですよね。 副 …

ししゃもに合うおかずと献立の副菜!晩御飯にピッタリのメニュー紹介!

リーズナブルなししゃもって、節約している時にもありがたいおかずですよね! 焼いただけでも美味しいししゃもは忙しいお母さんの味方です! ただ、子供ってししゃもがおかずだと中々箸が進まないことが多いんです …

ハンバーグに合うおかず!もう一品は簡単に!献立は子供も喜ぶもの紹介!

お子様も大好きなハンバーグ。 人気が高く喜ばれる一品ですね。 お肉がメインの献立は合わせるおかずや副菜は栄養バランスも整えたいですよね。 そこで、今回はお子様にも喜ばれるおかずや副菜をいくつか紹介しま …

ピーマンの肉詰めに合うおかずと献立副菜!スープも!

「ピーマンが苦手でも、肉詰めにするとなぜか食べられる!」なんていう方、意外と多いのではないでしょうか? そんな魔法のようなピーマンの肉詰めはお夕飯やお弁当に入れると喜ばれますよね。 でも、一緒に合わせ …

唐揚げに合うおかず!副菜で簡単なものと献立で栄養バランスがいいもの!

じゅわっと美味しい唐揚げは、食卓に並んだ時に喜んでもらえるのは嬉しいけれど、栄養面を考えると合わせるおかずは悩んでしまいますね。 でも、和・洋・中と全ての食事に合う唐揚げには、相性のよいおかずがいっぱ …

プロフィール

こんにちは!このブログを運営している「なつこ」といいます。私は、子供2人を育てているアラフォー主婦です。主婦歴でいうと十数年。

主婦になってからというもの、毎日毎日の献立を考えるのが大変で。

コレを作るなら、「このおかずが合う」というのが、パっといっぱいわかれば、冷蔵庫の中とも相談しながら、献立が立てやすいなと思い、このブログを作りました。

皆さんの参考になれば嬉しいです^^